2月 26th, 2014

歯列矯正でのトラブルは少なからずあるようです。

医院選びが肝心ということになりますが、
何度もトラブってしまうのなら、その理由を正直に話し
医院を変えることも選択肢の中にあります。

そのためにやっておきたいことは保証問題です。

トラブってしまう可能性がある場合、
費用を返金してくれるのかということや、
すでに行った治療のみを支払うのかということも確認をしておきましょう。

返金しないという場合やすでに計画してた治療費を請求されるなどであれば
これまでにも同じ経験をされた方がいるかもしれません。

また、トラブルの中には、矯正法で誤った選択をするケースだってありますし、
あなたの歯茎の状態が悪くなったことが原因であることがあります。

もしも歯茎の状態がそうなのなら、
一時的に矯正をストップしてもらったほうが良いでしょう。
それによって歯が抜けてしまう可能性があるならなおさらです。

ネットで相談をしてみるというのもいい方法です。
経験者がアドバイスしてくれる可能性があるからです。

コメントは受け付けていません。
Posted in 歯列矯正 |
7月 1st, 2013

歯列矯正にお子様値段ってあるのでしょうか?

でもある経験者の話だと、お二人のお子様の歯列矯正にかかった費用は一人あたり100万円だったそうですので、二人で200万という金額です。かなり悩んだでしょうし、お子様だってあまり気にされていなかったようですので「なぜ?」という疑問があったようです。邪魔臭いワイヤーを固定され、最初は嫌だったと話してました。

でもそのお母様によると、本当は自分がしたかったのに、生まれたてきて育った我が子の歯が自分に似てガチャ歯だったことからお給料のよい職に転職し、わが子二人の歯列矯正に挑んだのです。

今はお子様方は社会人となり独立をしかなり稼げる会社に就職を指定ます。ご両親のどちらかの誕生日としてドン・ペリニヨンを送ってきたほどなのです。

お子様である彼に話を聞いたら、最初は邪魔臭くて嫌だった歯列矯正なのに今では多くの人に笑顔がいい、歯がいいということでほめられることも多く、ご両親に感謝している、歯を大切にしたいと話されていました。

コメントは受け付けていません。
Posted in 歯列矯正 |
6月 5th, 2013

歯を綺麗にしたいと思ったら、専用口座を作って積立をしてみてはいかがでしょう?

歯列矯正を考えるなら、1年でその金額を貯める場合、1ヶ月で10万円程度は積み立てたいものです。

気が遠くなりそうですか?それともそれだけ捻出できないのでしょうか?

それならば5万円に減らして2年でためてしまおうと計画を立ててもいいでしょうし、ボーナスをプラスすることで期間短縮も可能です。

多額の費用がかかる治療ではローンを組むこともできます。そのへんは安心しましょう。

でもなるべくなら利息は取られたくないでしょうから、予め積み立てておくほうが良いと思います。今は社会が不安定ですので職にあぶれる可能性だってあります。支払いに困ることになっては大変ですので、準備をしておいたほうがいいでしょう。

積立に2年かかったとし、歯列矯正から保定まで2年かかったとするとその期間は4年程度となりますが、ローンを組まないことによって治療をしている期間の生活は苦しく有りません。どうせなら貯金グセをつけてしまってください。

コメントは受け付けていません。
Posted in 歯列矯正 |
5月 17th, 2013

歯を守るために何か飲んでいますか?

もしそれがお酢だというのなら、少し考えてください。

お酢は強い酸性ですのでエナメル質を溶かすことがありますので、体のために飲んでいるならのんだあとは口の中をすすいでください。つまり、歯にはあまり良くないといえるのです。

もし歯のために何か飲むとしたらアルカリ性飲料がいいでしょう。炭酸水などもその役割はしてくれるようです。炭酸水というものはフランスで創りだされたものですが、昔、普通の状態では飲水が手に入らなかった時代、洗浄効果もあるとしてその水を作ったのだそうです。

アルカリイオン水を用いてもいいでしょう。
また、お食事のあとに飲む緑茶もアルカリ性となっています。カテキンによる洗浄も期待できますのでおすすめの飲み物といってもいいでしょう。

しかし緑茶は歯への着色が気になる飲み物ですので、食後それをのんだあとは食べかすもきちんと落とすという意味を込めて歯磨きをされてください。着色汚れも気にならなくなるでしょう。

コメントは受け付けていません。
Posted in 未分類 |
4月 21st, 2013

歯列矯正にかかる時間はとても長いものです。

検査から保定装置が取れるまでに2年も通っていたのなら
「やっと終った!これで歯科通いが終わる!」と感じるかもしれません。

でも、それだけ長い時間とお金をかけて綺麗にしたのですから
これまでどおり数ヶ月に一度の歯科通いは続けられてください。

歯と歯茎の健康を守るためにやって欲しいのですが
定期健診を受けることで十数年も歯列矯正したままの美しさが保てるようになります。

歯周病に罹患されると歯が抜け落ちてしまうこともあります。
虫歯になり進行しすぎてしまった時、抜歯するという可能性もあります。

その時の選択手段としてインプラントもありますが
こちらにも大きな費用がかかってしまいます。

健康保険を使っての治療だと部分入れ歯やブリッジをかけることになりますが、
どちらの場合にも両隣の歯へのリスクが有るのです。

歯列矯正で歯並びを整えたのならそのリスクはできるだけ回避し
間違っても抜歯した部分を放置しないようにされてください。

コメントは受け付けていません。
Posted in 歯列矯正 |
4月 3rd, 2013

検索をするとその言葉に対して結果が出てきますが、最初に現れたサイトの数々は、人気があると言っても過言ではないと思います。

何故ならば、SEOコンサルティングに相談をして順位を上げていることからたくさんの患者さんが来てくれる可能性があるからです。

最初はSEO対策というものをほどこしてトップ表示されるようにしますが、多くの方に見てもらい、満足が行くことでどんどん人気が出て行くのです。悪い評判がでないということは、それだけ良い歯科医院ということができます。

ネット検索でトップ表示になるのは、リアルでわかりやすく言うと宣伝活動をしているようなものですが、多くの方に知られて安心できると思ったら通う方は多いのです。開院して直後、チラシなどで宣伝していますよね?また、実際に行ってみると感じが良かった、安心して治療が受けられた。あれと同じなのです。

ネット検索で訪れるサイトでは良いサイトほど上位に表示されています。その点では本当に安心していいかと思います。

コメントは受け付けていません。
Posted in 審美歯科, 歯列矯正 |
3月 20th, 2013

歯科治療の選択肢は広いと思っていますが、一般の歯科だと多くの方が健康保険を使ってやって貰いたいと思っていますので、選択肢的には狭いように思われています。どのような詰め物をするか聞いてくる医師もいますが、殆どの場合「保険で治療をしますか?」と聞かれることでGOサインを出していることでしょう。

保険で治療をしますかと聞かれるということが何を意味しているのかというと、治療法でも使われる素材でも、健康保険が使えないものがあるからです。その多くが保険を使った治療以上に良いものとなっています。保険も使えないのにわざわざ劣るものは勧めませんし、それを選択する方もいないでしょう。

歯科医院によって治療法が異なるのもその辺にあります。もちろん治療費にかかる金額もそれに左右されてきます。審美歯科ならほぼすべてが自費治療となりますので、歯列矯正の完成その他を含めるとゆうに100万を超える金額となるようです。矯正歯科でも同じですが、そこではその他の治療は行いません。

コメントは受け付けていません。
Posted in 審美歯科, 歯列矯正 |
2月 26th, 2013

遺伝で歯並びが悪くなるということはありません。
病気というわけではありませんので、それは関係ないのです。

ただ、親子で骨格は似ていることが多くあります。
ですので、遺伝とは言えませんが、
顎の骨の状態が似ているとご両親どちらかの歯並びが悪いと
その子どもたちも同じようになることがあるのです。

顎の骨の発達を阻害するものを子供の頃から考えたらどうなのでしょう?

今現在だとたくさんの情報がネットからでも手に入るため
予め小さいうちからできることはあるかもしれませんね?

でも、親の世代が50代となるとお子さまの年令は20代から30歳くらいまでの方が多く、
親が歯並びの悪さの原因が顎の骨に関係していることが分かったのがつい最近というのもあるため
小さい頃からのことが考えられなかったのです。

現在20代くらいの方の中には顎関節症の女性が多かった時期がありました。

それまではあまり知られていなかったことですが、
これは食生活の問題も大きいと言われたのです。
ファーストフードをたくさん食べる、スナック菓子をたくさん食べるなどで
硬いものを食べる習慣が少なくなったことが原因だと言われたのです。

ここまで分かっている現在ですので、
お子様の歯が心配なら顎の骨の成長のことも考えてあげましょう。

コメントは受け付けていません。
Posted in 歯列矯正 |
1月 29th, 2013

歯並びを決定づけるのは乳歯がいつ抜けるか、また、時期が来た時にきちんと生え変わるかによると言われています。

歯列矯正はお金がかかります。

骨格は親子似る傾向にありますので、もしお父さんお母さんの歯並びが悪いのならお子様の歯のことも幼いうちから考えたいもので、乳歯も生え変わる時期に来るまでは抜けることがないように注意をしてあげましょう。

場合によっては乳歯がある状態なのに永久歯が後ろ側に生えてくることもあります。そのときには歯が前後に並んだ常態か、あとから生えたきた歯が変な向きに生えていたりします。そのようなときには歯科医院で相談を乳歯を抜くタイミングを決めるようにしてください。

どうして歯並びが悪くなるのかというと、顎骨にも関わっていることが有り、正しく成長しないと歯がきちんと横に並ばずガチャガチャになるなどもあります。だとすれば小さい頃から正常に育つよう気をつける必要もありそうです。

コメントは受け付けていません。
Posted in 歯列矯正 |
12月 17th, 2012

歯並びが悪い方の場合口が閉じにくいという場合が多いかと思います。

理由としては、八重歯があることや上顎前突(出っ歯)となっていることなどです。

他の歯に比べて飛び出している部分は空気に触れる時間が長く
その歯が乾くことによって唇が閉じにくいのです。

横顔を見て口が尖っている方の場合、
上顎前突(上の前歯だけが飛び出している)の方の場合
口を閉じる動作では飛び出た部分に下唇を合わせますので、
自然と下唇まで飛び出す格好となります。

前歯の歯列矯正を行うだけで飛び出した唇も後ろの方によってきます。

コメントは受け付けていません。
Posted in 歯列矯正 |