4月 21st, 2013

歯列矯正にかかる時間はとても長いものです。

検査から保定装置が取れるまでに2年も通っていたのなら
「やっと終った!これで歯科通いが終わる!」と感じるかもしれません。

でも、それだけ長い時間とお金をかけて綺麗にしたのですから
これまでどおり数ヶ月に一度の歯科通いは続けられてください。

歯と歯茎の健康を守るためにやって欲しいのですが
定期健診を受けることで十数年も歯列矯正したままの美しさが保てるようになります。

歯周病に罹患されると歯が抜け落ちてしまうこともあります。
虫歯になり進行しすぎてしまった時、抜歯するという可能性もあります。

その時の選択手段としてインプラントもありますが
こちらにも大きな費用がかかってしまいます。

健康保険を使っての治療だと部分入れ歯やブリッジをかけることになりますが、
どちらの場合にも両隣の歯へのリスクが有るのです。

歯列矯正で歯並びを整えたのならそのリスクはできるだけ回避し
間違っても抜歯した部分を放置しないようにされてください。